公立羽咋病院

〒925-8502 石川県羽咋市的場町松崎24
0767-22-1220

当院について
当院ついてのご紹介。広報誌、入札等の情報も掲載しております。

ホーム > 病院指標 > 平成28年度 公立羽咋病院 病院指標

診療・面会時間

診療受付時間

午前 8:15~11:30
午後 2:00~3:30 (土曜を除く)

休診日

毎月第1・3・5土曜
日曜祝祭日
年末年始

休診のお知らせ

面会時間

午前10:00~午後8:00


お問い合わせ

0767-22-1220

〒925-8502
石川県羽咋市的場町松崎24

病院指標

平成28年度 公立羽咋病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 86 28 24 43 66 112 367 557 744 316
入院時の年齢をもとに、当院の一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示しています。当院では80歳代の患者数が744人で最も多く、全体の約32%を占めます。
60歳以上の患者割合は約85%にものぼり、高齢化を反映した数値となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX99100X 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 78 2.78 3.06 0.00 75.00  
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 62 29.73 17.95 6.45 86.23  
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 30.76 21.25 15.56 86.62  
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 37 30.68 12.43 10.81 80.59  
050050XX02000X 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術ありK546$等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 4.06 4.71 0.00 73.42  
狭心症で心臓カテーテル検査を受けられる入院患者様が最も多いです。検査はクリティカルパスの使用により、標準的・効率的な医療を提供でき、在院日数の短縮にもつながっています。
2番目は心不全です。在院日数が全国平均を大きく上回っているのは、ほとんどが高齢の患者様である事と、地域包括ケア病棟に入院される方が多いためです。3番目の誤嚥性肺炎も平均年齢が高く長期入院になりやすいです。転院・施設入所される割合も高くなっています。
上記も含め、年齢が高く地域包括ケア病棟に入院される方が多い場合は、在院日数が全国平均を大きく上回る結果になると考えています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100XXXXX00X 喘息  手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 3.95 6.42 0.00 4.55  
0400801199X00X 肺炎等 1歳以上15歳未満 手術なし 手術・処置等2なし 19 3.95 5.79 0.00 4.74  
040070XXXXX0XX インフルエンザ,ウィルス性肺炎 手術・処置等2なし 12 4.17 6.09 0.00 1.42  
040090XXXXXX0X 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 12 4.33 6.02 8.33 1.50  
 
小児に多い喘息、肺炎、気管支炎などの急性期疾患の入院が多いです。
平均在院日数は全国に比べて短期間で退院されています。
なお、本項目以降のデータについて、患者数が10件未満の場合は - を記入しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335XX02000X 胆嚢水腫,胆嚢炎等 手術ありK672-2等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 12.00 7.61 0.00 64.28  
 
 
 
 
胆石・胆のう炎で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けられる患者様が最も多いです。
この他にDPC対象外のため資料にはありませんが、鼡径ヘルニア入院も多くあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 45 45.02 20.57 0.00 81.02  
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 手術ありK0811等 44 54.82 27.63 13.64 81.66  
070343XX01X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤,不安定椎 手術ありK1421等 手術・処置等2あり1 24 21.96 26.69 0.00 72.46  
160620XX01XXXX 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 手術ありK037等 20 16.95 11.91 0.00 68.05  
070343XX02X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤,不安定椎 手術ありK131-2 手術・処置等2あり1 19 23.53 17.82 0.00 73.47  
胸椎や腰椎の圧迫骨折で入院される患者数が最も多いです。
2番目は大腿骨の骨折で手術の必要な患者様で、1位、2位ともに高齢の方の転倒によるものが多く、またほとんどが地域包括ケア病棟に入院される事から、平均在院日数もかなり長くなっています。
3番目は腰部脊柱管狭窄症で手術される患者様で、平均年齢が比較的低く、在院日数も全国平均より短くなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 16 21.44 12.43 25.00 79.69  
 
 
 
 
尿路感染症の患者数が最も多いです。高齢の方が多く、在院日数も全国平均より長くなっています。
この他にDPC対象外のため資料にはありませんが、前立腺癌の疑いがある場合に行う前立腺針生検のための検査入院も多くあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 0 0 0 30 1 1 6
大腸癌 3 3 6 5 6 0 1 6
乳癌
肺癌
肝癌 0 0 1 10 0 1 1 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について、期間内に入院治療を行った、初発患者の病期分類による患者数、再発患者数を示しています。
当院の患者数は胃癌が最も多く、その次に大腸癌、肝癌と続きます。
乳癌・肺癌の患者数はいずれも10件未満のため非表示となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 18 10.56 53.61
中等症 85 24.27 82.68
重症 18 43.22 89.89
超重症
不明
入院の契機となった傷病名及び最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、年齢が15歳以上の市中肺炎の患者様が対象となります。入院時の状態から重症度を決定し、重症度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
中等症の患者数が85件で最も多く、軽症と重症がともに18件となっています。重症度が高くなるほど平均在院日数が長くなり、平均年齢も高くなっていることが分かります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 - 58 41.47 81.78 18.97
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
最も医療資源を投入した傷病名が脳梗塞の患者様を対象として、病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示します。
当院では脳梗塞の患者数が最も多く、その他の症例は極めて少ないです。入院後早期にリハビリテーションを開始し、合併症・後遺症を防ぐために多職種が連携して治療に関わっていますが、自宅療養が困難なため転院・施設入所される割合も高く、退院調整に期間を要することなどから在院日数も長くなる傾向があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 直径2cm未満 108 0.37 1.31 0.93 68.99  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 38 4.42 6.21 2.63 75.87  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 8.45 10.85 15.00 74.25  
K664 胃瘻造設術 18 29.17 35.06 50.00 85.39  
K654 内視鏡的消化管止血術 13 3.23 18.92 7.69 75.00  
大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を最も多く行っています。クリティカルパス使用により、標準的・効率的な治療が行われており、術前・術後日数の短縮につながっています。
狭心症・心筋梗塞などに対する冠動脈ステント留置術も多く行われています。
4番目の胃瘻造設術については平均年齢が高く術前・術後日数も長期になりやすいです。転院・施設入所される割合もとても多いです。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 4.76 8.48 0.00 67.60  
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 22 0.36 4.95 0.00 69.91  
 
 
 
胆のう結石などに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術や鼡径ヘルニアに対するヘルニア手術を多く行っています。ヘルニア手術はクリティカルパスを使用し、標準的・効率的な治療が行われています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨,上腕,大腿 51 8.24 48.43 11.76 80.69  
K0462 骨折観血的手術 前腕,下腿,手舟状骨 30 4.13 32.17 0.00 67.57  
K1423 脊椎固定術,椎弓切除術,椎弓形成術 後方椎体固定 28 2.50 20.07 0.00 72.86  
K068-2 関節鏡下半月板切除術 22 5.05 14.09 0.00 65.64  
K131-2 内視鏡下椎弓切除術 20 4.35 19.80 0.00 73.90  
大腿骨骨折などに対する骨折観血的手術を最も多く行っています。平均年齢から高齢者の骨折が多く、術後日数も長いことが分かります。
2番目に骨折観血的手術(前腕等)、3番目に腰部脊柱管狭窄症などに対する脊椎固定術が続きます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 238 3.91 2.03 0.00 78.26  
 
 
 
 
白内障に対する水晶体再建術が最も多く、眼科手術の約98%を占めます。
クリティカルパス使用により、標準的・効率的な治療が行われています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
当院では、いずれの疾患においても症例数が10件未満であったため、非表示となっています。
更新履歴
H29.9.27
新規公開