公立羽咋病院

〒925-8502 石川県羽咋市的場町松崎24
0767-22-1220

診療科・部門について
各診療科・部門についてのご紹介。診察時間、担当医のご紹介をさせて頂きます。

ホーム > 診療科・部門について > 内科・循環器科 > シャントとは

診療・面会時間

診療受付時間

午前 8:15~11:30
午後 2:00~3:30 (土曜を除く)

休診日

毎月第1・3・5土曜
日曜祝祭日
年末年始

休診のお知らせ

面会時間

午前10:00~午後8:00


お問い合わせ

0767-22-1220

〒925-8502
石川県羽咋市的場町松崎24

シャントとは

血液透析を行う際、充分な血液量が確保できるように、動脈と静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせた血管の事をいいます。

詳細

血液透析は体にたまった老廃物を十分に取り除く為に、患者様の血管から血液を毎分200ccほど誘導して、透析器に通過させ、浄化(きれいにした)後、再び、その血液を患者様の血管へ戻すという操作を行います。
この為の血液を血管から取り出し、戻す仕組みをブラッドアクセス(血液の出入り口)と呼びます。

ブラッド・アクセスの種類

シャント法
  1. 外シャント

    シリコンとテフロンという、あまり血を固まらせない材料を使ってチューブ(管)を作り、これらの先端をそれぞれ腕の動脈と静脈に入れ、血液をバイパスさせ、普段は動脈から静脈に絶えず血液を流しておき、人工腎臓を使うときは、この動脈と静脈とをつないである管をはずして人工腎臓をつけ、終わった後でまた動脈の管と静脈の管をもとどうりに連結します。このチューブは体の外に出ているので、通称外シャントと呼ばれています。

    *欠点は詰まりやすい事です。透析療法が始まった頃はこの発明のお陰で、急性腎不全の患者様に一時的にしか使用出来なかった人工腎臓が慢性の腎不全患者様に反復して使用出来るようになったといゆう歴史があります。最近は、ほとんど使用されなくなりました。

  2. 内シャント
    1. 自家動脈・静脈の吻合
      皮膚の下で動脈と静脈を直接つなぐことにより、血圧の高い動脈の血液が静脈の血管に流れ、静脈は太くなり、血の流れが豊富になります。この静脈に針を刺すことにより、人工腎臓を回す為に必要な毎分200ml程度の血液が簡単にとることができるようになりました。現在シャントといえば内シャントを意味するぐらい、普及しました。
    2. 人工血管
      自分の血管で内シャントが作れない場合、(自己血管が細い場合・動脈との位置関係で適当な静脈がない場合等など)テフロンやポリウレタン素材の人工血管を使用してシャントを作ります。
非シャント法
ダブルルーメンの写真
  1. 動脈直接穿刺法 … 上腕動脈や大腿動脈などに直接、針を刺す、緊急時の方法です。
  2. 動脈表在化法 … 動脈は血の流れが豊富でシャントとして適していますが、繰り返し針を刺す事により血管障害を招き、又深部を走行する為、針を差すのが困難であるという難点があります。その為、針を刺しやすいように手術的に皮膚の直下へ移動させる方法です
  3. カテーテルの静脈内留置法 … 特別に作成された*カテーテル(管)を鎖骨下静脈、内頚静脈または大腿静脈へ留置する方法で、緊急時やシャントトラブルの際、行われます
    *透析で良く使用されるのはのダブルルーメンカテーテルです。血液を取り込むルート(赤)と血液を体に戻すルート(青)が一本になっています。
← 前のページへ戻る